このページの先頭です
ここから本文です

沿革

1908年(明治41年) 片山製薬所として創業、医薬用薬品製造業を開始する。
1928年(昭和3年) 一般工業薬品および清缶剤・ボイラペイント等を製造し全国的に販売を行う。
1931年(昭和6年) 片山化学工業研究所を創設。
1932年(昭和7年) 「Die miracle」(筆記体)を商標として使用開始する。
1945年(昭和20年) 戦災で事務所や工場を罹災する。
1946年(昭和21年) 工場を再興し、業務を再開。新製品の研究開発および販売を行う。
1951年(昭和26年) 「MIRACLE」を商標として使用開始する。
1956年(昭和31年) 株式会社に組織を変更し設立。
1960年(昭和35年) 伊丹市に伊丹工場を建設。
1961年(昭和36年) 照栄化工株式会社を設立。
1962年(昭和37年) 工事部門を設けボイラ、熱交換器および配管等の化学洗浄工事を開始。
1963年(昭和38年) 本社所在地に試験研究所を新設。
1970年(昭和45年) 研究所を増設、最新の分析機器を設置、研究設備の充実を行う。
1972年(昭和47年) 淀川工場を建設、生産態勢の充実を図る。
1974年(昭和49年) 伊丹工場を増設、生産部門の充実合理化を行う。
1975年(昭和50年) 本社所在地に食堂・研究・図書室を増設、福利厚生及び試験・研究の充実を図る。
1976年(昭和51年) 環境計量証明事業申請により大阪府第 10019 号の登録証を取得する。
1979年(昭和54年) 淀川工場を増設、生産部門の充実合理化を行う。
1981年(昭和56年) 本社屋を改築、同時に研究室を拡張、充実を行う。
1983年(昭和58年) 三国工場を建設、生産部門の拡充を行う。
1987年(昭和62年) ボイラプラント水処理剤「ミラクルシャン」、(財)省エネルギーセンターより
「 ‘87 省エネルギー優秀製品賞」受賞。
1989年(平成元年) 第二研究所を新設し、研究態勢の充実を図る。
1996年(平成8年) 綾部工場を新設、製造部門を統合し生産部門の充実合理化を図る。
1998年(平成10年) 「ISO-9001」認証取得。( JQA-2929 )
2002年(平成14年) 綾部工場「ISO-14001」認証取得。(JQA-EM 2299)
2004年(平成16年) 合弁販社 片山ナルコ株式会社 を設立。
2005年(平成17年) 本社を移転。分析センター、技術開発センターを拡張し、研究所としての拡充を図る。
2006年(平成18年) 大阪分析センター「ISO/IEC17025」の試験所認定を取得。( JAB Testing RTL03940 )
2009年(平成21年) 白浜海洋試験室を開設。
2012年(平成24年) 環境マネジメントシステム「エコアクション21(EA21)」の認証・登録を取得。( 0008606 )
2015年(平成27年) 綾部工場ならびに倉庫を増設。
会社案内
ごあいさつ
企業理念
会社概要
沿革
事業所・所在地
生産体制
片山マネジメントシステム
Our Fields
水処理・紙パルプ・石油事業
環境ソリューション事業
環境分析・調査事業
海洋・養殖事業
住環境事業
  • 片山化学工業研究所の水処理技術
  • 研究開発
  • 環境分析

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
お客様相談窓口 06-6322-0176
PCからのお問い合わせ
お問い合わせフォームへ

片山ナルコ株式会社